忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/18 サオリ]
[07/07 川島]
[04/09 菊地]
[06/15 横浜都筑]
[05/08 事務局石川]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井端杯事務局
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
忍者ブログ | [PR]
ベスト8が続々決まっています!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



こんにちは。井端杯事務局の石川です。

井端杯も3回戦に突入し、ベスト32が続々と決定しています!
144チームで始まった今大会も、勝ち残っているチームは今日現在で39。今月中には32チームが出そろい、いよいよトーナメントは佳境に入ります。
本当に楽しみですね!

昨日7月12日(土)は小田球場にて、3回戦3試合が行われました。
梅雨明けはまだですが、台風一過で晴天、非常に暑い一日でしたね。
さすがに3回戦となりますとレベルも上がってきます。ところどころで唸るようなプレイもありました。
第一試合はともに初出場の金沢リトルスコーピオンズ(横浜市金沢区)対江戸川プリンス(東京都江戸川区)。序盤から点の取り合いとなった試合は特別延長戦へともつれ込み、江戸川プリンスがサヨナラ勝ち。金沢リトルスコーピオンズが涙をのみました。
しかし金沢区と江戸川区のチームが対戦するというのもなかなか機会がないのかな、とふとおもいました。これを機に交流を深めていただければ井端杯も意義があるのではと思います。

続く第二試合は、常連ゼットタイガーと初出場の町田レッドファイヤーズ。町田レッドファイヤーズがゼットタイガーを下し32強入り。今年は町田市からたくさんのチームにご参加いただいていますが、いずれも強豪チームばかりです。

そして第3試合は前年度優勝の元宮ファイターズが登場し、山中ビーバーズと対戦。
点を取って取られての展開に、前年覇者もあわや、と思わせる場面もありましたが、山中ビーバーズがあと一歩、及びませんでした。

ヒーローたちのインタビューはいつものようにHPに掲載いたしましたので御覧くださいね!
みんなかわいいです(^_-)-☆


来週はガス橋少年球場にて3回戦4試合が予定されています。
雨も嫌だけど、暑いのも困ります。
河川敷は日差しを遮るものがありません。各チームにおかれましては、十分に熱中症対策をしていただきますようお願い申し上げます。

それではまた来週♪


拍手[4回]

PR


こんにちは。事務局の石川です。
なんだか最近急に暑くなりましたね!皆様いかがお過ごしですか?

先週の井端杯は体感的には今年一番の暑さの中で行われました。快晴で無風。絶好の野球日和のはずではありましたが、まだ暑さに慣れていないせいか、大変辛い一日でした。
具合の悪くなった選手はいませんでしたでしょうか。
これからますます暑い季節となります。井端杯の行われるグラウンドの多くは陽射しを遮るものがありません。各チームにおかれましては、十分な熱中症への対策をとっていただきますようお願い申し上げます。

この日の試合は時間が押してしまい、最終試合は1時間近く遅れての開始となりました。酷暑の中、集中力を保ちながら待つということは難しいですね。しかし大会に出ればいろいろなことがあります。気候や時間など、状況に応じ工夫するしかありません。私も勉強になりました。


そしてその前の週のこと。
4年前の優勝チームのエース君のお母さんとお話する機会がありました。
近づいてこられた瞬間、お顔が似ていらしたのですぐにわかりましたよ!エース君は中学の野球部で頑張り、今年の春から高校球児になりました。優勝当時のチームメートのほとんどが高校で野球を続けているそうです。

井端杯で活躍した選手たちが、中学を経てまた次の目標(今度は甲子園だよね)に向かい頑張っていると聞き嬉しい限りです。小学校・中学校・高校で野球という共通項を持った仲間と過ごす日々はキラキラ輝く宝物。その思い出の1ページに井端杯があるということが我々スタッフにとっても誇りですし最高の喜びです。
こっそりと、いや堂々と、彼らのことを応援したいです!!
エース君のお母さん、お会いできてうれしかったです。ありがとうございました。弟君が5年生だそうなので、来年もお会いできますね!

様々な思い出を胸に、今週末も頑張ります。しかし土曜は雨予報…
敵は酷暑だけじゃない、雨もです。

 

拍手[4回]



こんにちは!事務局石川です。
ずいぶんご無沙汰してしまいました。

今年も怖いくらい天候に恵まれ、井端杯も順調に日程をこなしています。
早いブロックではすでに3回戦に突入しました!
昨年も土曜日が晴れまくり、史上最多の参加チーム数でありながらも余裕をもって日程をこなすことができました。今年も順調に進みますように。

さて先週の土曜、私は多摩川緑地の担当でしたが、
偶然にも行われた2試合が、7点差を追いつき、追い越すという展開でした。

本当に、野球には何が起こるかわかりません。
何点とったからもう安心ってこともない。残り時間があと5分だからって、2アウトだからって最後の最後まで気を抜けないのです。
そして、逆に言えば、点差があっても、時間がなくても、最後の最後まであきらめてはいけないのです。あきらめなければ、なにかがおこる。きっと、おこります。

見事勝利したチームも、惜しくも負けてしまったチームも、様々な思いがあると思います。
ひとつひとつの経験を身につけて、一回りも二回りも大きく成長してほしい。

私も勉強になりました。


さて来週は3試合のみ。
小学校では運動会のシーズンのようです。

運動会で怪我しないようにね!

拍手[3回]



こんにちは。事務局石川です。

第9回大会も熱戦の火ぶたが切って落とされ、3週目が経過。
9試合が行われたこの土曜日は、桜の満開宣言がされ、大変暖かな一日でした。

新チームになってまもないこの時期。まだまだ戦略も技術も何もかも、上手くいかないことが多いものです。ましてや井端杯は初戦は必ず他地域のチームと対戦するようになっていますからなおさらかもしれません。
思わぬ大差をつけられてしまっても、気を取り直し、また練習に励みましょう!惜しくも敗退となってしまったチームの皆様、また来年ぜひお会いしたいです!


この日の参加チームの中に、出来たばかりなのかな?と思しきチームがありました。
一目見て、ユニフォームがぴっかぴか!胸のロゴも、背番号もまぶしく光っています。
キャプテンがひとり身体が大きく、他の選手は小粒揃い。バウンドした打球が頭の上を大きく越えてしまったり、フォアボールで出塁するときも、バットを恐る恐る置いて一塁へ駆けていく(バットを置くようにという指導であれば大変素晴らしいです!)などなど、まだ試合経験が少ないのかなと感じる場面もあったのですが、みんな溌剌としていてかわいらしかったです。聞けばほとんどが新4年生とのこと。来年も再来年も本当に楽しみではないですか。試合中の監督の優しい声掛けも印象的でした。
来年もぜひご参加くださいね!成長した選手たちにまた会いたいです!


勝利チームのヒーローたちには今年もインタビューをさせていただいています。
このインタビューもすっかり定着したようで、毎回楽しみにしてくださるチームも多く感激しています。ヒーローたちの誇らしげな顔写真とインタビューは井端杯HPに掲載させていただきます。また、本大会主催の東京中日スポーツ紙面にも載りますのでぜひチェックしてくださいね。

それではまた来週お会いしましょう!
来週は2会場で10試合が予定されています。

拍手[7回]



こんにちは。事務局の石川です。

本日ついに、第9回井端弘和杯学童野球大会が開幕いたしました!
ご参加の皆様、ありがとうございます。

少し肌寒さはありましたがお天気は快晴。幸先の良いスタートとなりました。
参加144チームのうち、約90チームが開会式に参加、川崎の消防音楽隊の演奏に合わせ池上球場内を更新する姿に、これから始まる野球シーズンを思い、胸がわくわくしました。
開会式に初めて、福田のりひこ川崎市長をお招きし、なんと始球式までつとめていただきました。さすがに若き市長。ナイスピッチングでありました!

そしてなんといっても素晴らしかった選手宣誓。
今年の選手宣誓は木月住吉町子ども会野球部(中原区)の小尻主将と、浦安ニューラッキーズ(浦安市)の伊藤主将。やや緊張していた様子もありましたが、大変堂々と素晴らしい宣誓でした!

『宣誓
僕たち選手一同は、野球ができる喜びと、
厳しいけれど温かく見守ってくれるお父さん、お弁当をつくってくれ、汚れたユニフォームを洗濯してくれるお母さん、いつも支えてくださる皆様への感謝の気持ちを胸に、
一緒に汗を流した仲間とともに、最後の一球まで全力でプレーすることを誓います。』

宣誓文はこの2人が考えたもの。素直な思いを、自分らしい言葉でつづっています。
大役を務めた木月住吉町子ども会野球部の小尻主将はオープニングゲームでも見事勝利。「終わったあとはほっとした」とのことでした。


さて。これから11月末まで長丁場、プロ野球のペナントレースよりも熱く長い戦いが続きます。144チームの頂点を極めるのは一体どのチームでしょうか。
今シーズンも参加チームの全ての選手たちに、ひとつでも多く野球の思い出を作っていただきたく、スタッフ一同努力してまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

それではまた来週!

拍手[8回]




Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ 井端杯事務局Blog ] All Rights Reserved.
http://ibatacup.blog.shinobi.jp/