忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/18 サオリ]
[07/07 川島]
[04/09 菊地]
[06/15 横浜都筑]
[05/08 事務局石川]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井端杯事務局
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
忍者ブログ | [PR]
ベスト8が続々決まっています!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



こんばんは。井端杯事務局の石川です。

先週末、雨で流れてしまった井端杯準決勝と決勝。
なんとか日程を調整して仕切り直し、祝日の23日、準決勝の1試合がガス橋少年球場にて行われました。

今年の井端杯132試合目の対戦は、

元宮ファイターズ vs. 深川ジャイアンツ

超激戦のF,Gブロックを勝ち抜いてきた両者の戦いは、予想通り、しびれる展開でした。

試合は初回、相手投手の立ち上がりをせめ、深川ジャイアンツが先制。その裏元宮ファイターズもすぐに取り返し、2-1で迎えた4回裏。
元宮ファイターズの先頭・陶山選手の二塁打で、続く清水選手はバントの構えから見事なバスター。同点とすると、四死球などを絡め、この回一挙3点を取り逆転に成功します。

その後は両投手と、華麗な守備を見せた野手陣の頑張りで、試合は元宮ファイターズが1点リードのまま、ついに最終回へ。

7回の表、深川ジャイアンツは連続四球でランナーをため、一番・有田選手のライトオーバー3ベースなどで3点を返し更に逆転!さすがの底力を見せます。

そしてその裏。少し元気がなくなったかに見えた元宮ファイターズでしたが、先頭が四球で出ると、続く陶山選手が4番の仕事。左中間を破る二塁打でまず1点、そして更に1点を追加!土壇場で同点とし、試合は特別延長戦へともつれこみました。

夕暮れ迫るグラウンド。
1アウト満塁から始まった特別延長戦を制したのは深川ジャイアンツでした。好機に一撃で試合を決める強さはさすがです。


素晴らしい準決勝でした。
今年一番、見ていて緊張しましたし、レベルの高い守備、判断力、気持ちのぶつかり合い。どれをとっても最高でした。


元宮ファイターズのベンチからたびたび聞こえてくる掛け声、
『何が何でも塁に出ろ!』
チームのキャッチフレーズなのでしょうか。

『何が何でも。』

最終回、リードをひっくり返された元宮ファイターズ。ベンチがしーんとしてしまった瞬間もありました。
そんなときにも、誰かがこの言葉を口にして、反撃の狼煙が。
決してあきらめない、そんな気持ちを後押ししてくれる魔法の言葉なのでしょう。

惜しくも手が届かなかった決勝戦。でもこの頑張りは金メダルに値します。
来年は、何が何でも優勝を。
またのご参加を、お待ちしています!


さて、準決勝もう一つの試合は、明日行われます。

拍手[14回]

PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ 井端杯事務局Blog ] All Rights Reserved.
http://ibatacup.blog.shinobi.jp/