忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/18 サオリ]
[07/07 川島]
[04/09 菊地]
[06/15 横浜都筑]
[05/08 事務局石川]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井端杯事務局
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
忍者ブログ | [PR]
ベスト8が続々決まっています!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



こんにちは。
9月に入りましたがまだまだ酷暑が続いていますね。
昨日も井端杯3、4回戦3試合が小田球場にて行われましたが、身体にこたえる暑さでした。皆様大変お疲れ様でした。

ベスト16が2チーム決まるこの日の試合でした。暑さの中、他の試合との兼ね合いもあり全力を出し切れなかったチームもあったかもしれませんが、さすがにここまでくると力の差はそれほど感じません。
どこが決勝まで勝ち進むのか、全く予想もつかないです。


さて、この日のある試合で、印象に残ったシーンがありました。

同点で迎えた最終回表。7イニングス目を迎えた投手は疲労もあってか連打を浴び、無死2、3塁の大ピンチです。迎えるバッターは相手チームの主将。さぁどうする。

選手たちがマウンドに集まります。
でもそこには監督の姿はありませんでした。監督さんはベンチの中でどっしり構えています。

選手が守備位置に散り、まず最初のバッターは敬遠(おそらく故意四球ではないかと、私には思えました)し、塁を埋めて無死満塁とします。
次の打者は三振で1アウト。次の打者は三塁ゴロで、三塁手がすかさずホームで刺し2アウト。そして最後の打者もサードゴロに打ち取り、大ピンチを乗り切りました。

よくぞ落ち着いて対応したものです。
自分たちで考えて出した作戦で結果を出し、子どもたちは大きな自信を得たことでしょう。
後で聞いたのですが、いつも1塁を開けたまま打たれてしまうこともあったそうで、あえて守りやすい形にしたそう。経験をもとに守備の連携を確認し、仲間を信じてもぎ取った3つのアウト。本当に素晴らしいと思いました。


来週以降もがっつり試合が予定されています。今月中にベスト16が揃うか揃わないか、といったところ。ますます熱い試合が期待できそうですね!

それでは来週、多摩川緑地でお会いしましょう!

 

拍手[3回]

PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ 井端杯事務局Blog ] All Rights Reserved.
http://ibatacup.blog.shinobi.jp/