忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/18 サオリ]
[07/07 川島]
[04/09 菊地]
[06/15 横浜都筑]
[05/08 事務局石川]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井端杯事務局
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
忍者ブログ | [PR]
ベスト8が続々決まっています!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



続いて行われた準決勝第二試合は、
川和シャークスvs.富士見台ウルフ少年野球クラブ。

小雨模様でしたが選手たちは元気良くグラウンドに飛び出しました。
今年幾つかの大会で優勝している両軍。富士見台ウルフは川和に一度負けていると聞き、リベンジに燃えているようです。

試合は初回に川和シャークスが不破投手の3ベースで先制。
しかし富士見台ウルフも3回、制球に苦しむ不破投手を攻め、一死満塁で3番大西捕手がエンタイトル2ベース!一挙3点を取り逆転に成功します。
ここで川和は投手をスイッチ。変わった鈴木投手がピンチをしのぎ、何とか切り抜けると、富士見台ウルフに傾きかけた流れを一気に引き戻しにかかりました。
4回、5回に自慢の打線と足で得点を重ね、最終回に10点目をとったところで試合終了となりました。

この試合と、その前の試合。いずれも各チームのエースが不調というか、投げにくそうというか…制球が定まらず苦労しているように見えました。雨のせい?マウンドに敷いたマットのせい?
しかしエースが不調でも代わりの投手も素晴らしいのは、さすがにここまで勝ち上がるチームだと感心もしました。

富士見台ウルフの崎田投手。静かな闘志を胸に、この日も打倒シャークスに気合が入っていたに違いありません。途中降板は本当に残念だったと思う。ずっとチームを引っ張ってきた頼もしいエース君。これからも頑張ってほしいです。

そして、川和シャークスも、あとひとつ。
決勝戦は12月8日。再び大田スタジアムで行われます。

拍手[2回]

PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ 井端杯事務局Blog ] All Rights Reserved.
http://ibatacup.blog.shinobi.jp/